2008年10月06日

また休憩を...Vでどうぞ

さて、今週からFM山陰でおおくりしている

Love Coffee Life

の時間がかわった。 唐突に。 予告なしで。

毎週日曜日 の夕方4時55分からになった。

福山雅治の直後だった。



で、ブログも更新しなきゃな〜と思いつつ、

今回はこれでごまかす....




うん、適当すぎるってな...これじゃあ


次回はちゃんと書こう....


あれ? 焙煎機の移動するのって今週か??

やば、何もしてない、新しい焙煎工房.....

posted by Gion motoike at 02:54| 鳥取 ☔| Comment(11) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

デカフェってね。

さて、さて、さて、10月になっちゃった。

今日からうちのラバール各店舗では「エスプレッソフェア」をやっておりますし、ハルディンはラバールとコラボレーション店舗として軽いリニューアルしてるし、ケーキ工房チームは天満屋さんの中でプリン販売しているし....

今年もあと3ヶ月と思うと早いな〜〜とつくづく思う。


先日、車尾店のセールのときに(マシン120台ぐらい売れたが、お客様に渡ったのかな〜〜??確認せなあかんな)「デカフェやらないの?」とお客様に言われた。


デカフェ


ロスにいるときには普通に

デカフェ、ノンファット、ローファット、カフェインフリー(ノンカフェイン)、シュガーフリー(ノンシュガー)

があり、コークにノンファットシュガーを大量に入れて、俺の働いていた寿司バーで、カリフォルニアロールと食していた人が普通にいたのを思い出す。

ロスと日本の違い

それは、自由度だな


自由にも色々とあるが、ロスの自由は何でもあり的な感じ...

良い悪いではなく、宗教も人種も歴史もごっちゃまぜの国だから、いまさら誰が本筋で、誰が新しいか? なんて質問自体がナンセンスな国。

「もともとここに住んでんだよ〜」という人だって、3世代ほどさかのぼれば必ずどこかの国から移民で来た人になる。


そんな移民だらけの国では、本筋はネイティブインディアンなんだけど、彼らは居住区という中におさめられてしまい、アングロサクソンの作る世界にどっぷりと浸かってしまっているんだな。

だから、誰が何しても文句ない!!

寿司にケチャップ、コークに砂糖、日本茶にも砂糖たっぷり、寿司につける醤油を飲むやつ、ガリを箱ごと食べてお代りを2回もするやつ..


お世話になった寿司レストラン「毘沙門」では様々なことを学ばせてもらった(ありがとうございます。 甲山兄貴)


そんな状況だったから、デカフェも普通に思ってた。

でも、日本にはあまりない。

ってか、仕入ても出ない。


あれ? お客様に味わってもらう機会を設けてないだけちゃう?
その文化があるってことを体感してないだけちゃう?


ということで、今週末から「デカフェ・ブラジル」やろっと! 


まずはカッピングしてみよう。 そして焙煎して週末には店頭にだしてみよっと! 

スペシャリティーだけではなく、色々と試してもいいかもな〜〜



Qグレーダー試験を、

今月末に控えた、

コーヒーの神々のナヤミ....


posted by Gion motoike at 13:08| 鳥取 ☁| Comment(13) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ブラジル出張 ちょっと休憩 no.2

さて、きたる9月27日、28日は、うちの店舗で2日間ずっと講習会となった....

創業して8年半がたち、あと1年半で10年となる

それについて全く考えがない自分....


よっしゃ! セールやってみっか!!


初めての大セールだ!!


お祭りだ!!


そうなりゃ、俺も1日中ずっと店舗にいてお客様へ感謝のコーヒーを淹れまくり、しゃべりまくるぞ!!!


最近は、高校で講演したり、商工会議所で講演したりと人前で話す機会も多いのだが、なんといっても、うちのお客様のために一生懸命になるってほんま嬉しいんだよな〜


いまから、ネタしこもっと!!!


ブラジルのお土産もだんだんとなくなってきたし、そろそろ出張後半もかいてしまわないといかんな!


やることだらけ! でも、楽しいことだらけ! 人のために生きるって素晴らしい!!!  俺って幸せものだな〜

セールの場所にて
posted by Gion motoike at 14:43| 鳥取 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

エスプレッソ休憩

ちょっとブラジル出張ブログを休憩し、帰国後1週間たつ経過をたどろう


先週の日曜日は夜の8時ごろに帰宅し、そのままベットへGO! 

月曜日は焙煎! & 各店を廻る

火曜日は事務所とか店舗廻り (このあたりで疲れがピークに)

水曜日は完全に出張疲れが出てしまって、仕事中に疲れがでた

木曜日! 元気を振り絞って企画なんかをバシバシ考える

金曜日 焙煎したり配送したり、久々に松江もいけた

土曜日 夜はストライプスオーナー会 & フジコのバースデー

日曜日 夕方から配送にいき、閉店ギリギリのNojiバリスタのいるパッセジャータへ!

ブラジルから買って帰ったエスプレッソ豆をnojiバリスタに淹れてもらう

二人でブラジルエスプレッソとイタリアンエスプレッソの違いを考える....

飲む

淹れる

考える

飲む

淹れる

飲み疲れる

鼻がおかしくなってくる



約2時間も二人でエスプレッソ談義


これからのエスプレッソの方向性を二人で考えた日曜
有難うnojiバリスタ。 明日からまた新しいエスプレッソを考えれそうだよ.....
posted by Gion motoike at 01:09| 鳥取 ☔| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ピニャール生まれ

さて、いよいよ、昨日行った農園のカッピングである!!

カルモデミナスの農園とは違うが、暖かい家族農園さんの味わいを堪能してみる!!

生豆

さて、いよいよCupping Start
cupping

おっと! 集中しすぎて、写真取れなかった....

で、ここでもモジアナらしい味わいに出会っちゃうわけなんだよな〜期待通りに

コーヒーハンター・松本氏も「これ以上買うか〜、どうする〜」と良いものに出会ってしまったご縁をしかめっつらで考え込んでいるし... もちろん、俺も昨日のオリジナルセルトン農園を決めた後だから..考え込む....


よし! いこう!


買っちゃえ!! せっかく来たんだもの! また、カップしてて思ったのが、エスプレッソに使っていけれる3種目として考えればいいやんか! カルモデミナスの極上の酸味と、セラードのレモンフレーバー、そして、このモジアナの柔らかいキャラメルのようなフレーバーをあわせて、グァテマラあたりでボディー感を出していけば、スペシャリティーエスプレッソはいけるんちゃうか?!
(イタリアンエスプレッソを主流とする地元・nojiバリスタには合わんかもしれないから....別のブレンドを考えてもいくけどね)


ということで、購入を決定や〜〜


はぁ〜 疲れる。 カップは楽しいが、バイヤーとしては疲れる。



え、今度はどこ?

ピニャレンセ?? 何それ?

あ、見たことあるロゴやな〜
pina 1

あ、昨日の農園とかでもあった、豆を加工する機械メーカーさんやないか。 

え? ピニャールでつくっているから、ピニャレンセ?っていうんか?

そうなんや〜。 へぇ〜。

そういえば、昨日の農園でも....
pina 5
つかっとったもんな〜


ちょちょっと!! どこいくんや〜 暗いど〜そっちは〜 オヤジ〜
pina 4

ついてくしかないやんか

pina 2

あ、工場にいくんか

うん。 工場だ... ただそれだけだ....



誰? このおじさん...
pina 3

社長さんでした。 恐縮です、わざわざ。  有難うございます。


ってことで、ピニャールで生まれて世界中の農園で使われているコーヒー豆の加工機械工場をあとにする...


さて、今日はこのあとどうするの〜? マルシア〜〜??


え! カッピング!! どこで? 違う農園に行って??

車で2時間程度??

おす。 頑張ります! せっかく来たんだもの!!  

何? ブラジルナンバーワンのカッパーも来てくれるって??


そりゃ〜気合いれなアカンわ!!

何? ガンバレワン??


おう!頑張るワン!  お前も頑張れワン!

doggy 1`


 旅の仲間 〜 Good Fellowship 〜
posted by Gion motoike at 15:03| 鳥取 ☀| Comment(4) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

モジアナ地区へ!

モジアナ.... ここしばらく聞いてない名前の産地だった....


セラード、カルモデミナス....あとは? 


そう! かなり前にシアトルからグリーンをとっていた時に使用していたブラジルの名前だった...(行ってから気づく)

map

サンパウロと南ミナスに挟まれたような地帯のことで、モジアナ鉄道が走っていたことからついた地区である


そのモジアナの中心地「ピーニャ」という町を歩く

car

誰このおっさんは?
pina

みんなも知らない....

さ、農園いこ! 農園に!

って、どこ? ここ?

また、オヤジが熱心にしゃべっとるぞ〜

staut

っと、失礼しました。 

この方は、このモジアナ地区のコーヒーバイヤーとしてとても有名なMr.スタウト氏

明るくて、よくしゃべるわ〜しかし〜....


なに? ここから30分ぐらい山を登ると最高の農園がある??


ほんまかいな??


ま、行ってみよか??


ってなことで行ってみる。


すげ〜!!!!!

vergem1

綺麗な場所やし、 甘〜いコーヒーの完熟の香りが農園いっぱいにひろがっとるや〜ん! コーヒーの玉手箱...もうええっちゅうねん、乗り突っ込みは..

vergem2

見たことないわ! こんな大粒で最高のブツ!!

オーナーさん

コンニチワ... イイノウエンデスネ..... ヘヘ...

vergem3

優しい農園主さんです


え? なに? 明日はカッピングできるって? この豆たちを!!

そりゃ、やばい! 

だって、ついさきほど、カルモデミナスで「本池オリジナルロット#11」の買い付けしたばっかりやん! 

vergem4

日も暮れてきたし....

どうするんや?

明日のカッピング次第だが、すでに美味しそうな雰囲気はただよいまくってるぞ! 更なる買い付けか!!  困った!!!

欲しいと思ったら買ってしまう癖があるのに...

ま、明日カップしてみよう..

考えずにカップしするまでまとう。


ふぅ〜〜 今日はおわり...

その夜は....
posted by Gion motoike at 15:55| 鳥取 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

セルトン農園カッピング!

一夜明けて、最高の天気に恵まれたカルモデミナスの朝


ヨーグルトと、カフェオレの簡単な食事を済ましセルトン農園のカッピングをしにいく


カッピングをするオフィスの前に、出荷や加工などをする「アプリコム」というカルモデミナス地区周辺から集まる豆サンプルを管理コントロールする事務所を訪れる。

cup 1

この検査事務所で、味をみたりして出荷のコントロールなどをしている


cup 2

この優しそうな親父が手にしているのは、オリーブなどを収穫するときに使う豆収穫機。 

おっと、親父ではなく、この組合の最高責任者だった....


さて、移動して、カッピング会場へ

cup 3

用意されてたロットは全部で13個


ナチュラル製法、パルプドナチュラル製法がまざる



さてはじめっとすっか


ドライから始まって、カッピングまで鑑定をしていく..

cup 4

今回、同行している我らがエンジェルのマルシア下坂さんとジャックが話をしている前でカップしている


ほぼ、ほしいものは決まった。


あとは、セッション終了後にみなで感想を交換し、オリジナルロットも決定した.... サンプルロット11番

このロットが今年の本池オリジナルセルトンになる



っと決まったら一気にリラックス....

ってか仕事終わった〜〜  ふぅ〜

お!


ルイスやないか〜〜い!!!


cup 5

友情も深まり
(今度、山陰に来るって!)

交渉もおわり、カルモデミナスを後にする

cup 6

この美しいカルモデミナス地区のコーヒーの中でも最高の味をゲットできるとは本当についてる!

ウツカフェ、レインフォレストの認証も一発でとったのが理解できる


さて、次の産地はモジアナ地区にある「ピーニャ」


新たな気持ちで5時間の道のりへ出発!!!


ひたすら走る
posted by Gion motoike at 19:17| 鳥取 ☁| Comment(4) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。